スタッフブログ

初冬の北アルプスにて

両手の親指と人差し指で四角く囲むと、どこもかもが 名画に変わる。 「こんなに晴れたアルプスは今までも経験したことが ないよね」と上機嫌な山仲間と語らいながら雪の道を ゆっくり歩く。 吐く息がキラキラ輝いている。 そんな極上の時間を過ごしました。 いつもの山仲間(グループ名は、中年ふらふら山岳部) と3人で、11月22日から24日まで、初冬の西穂高岳へ 行ってきました。 写真は、長野県北部地震の翌朝に登った西穂高独標 (どっぴょう)、標高2,701m。